シャンティパパの株日記

株をはじめて8ヶ月。投資という大海原の航海記録です。

スポンサードリンク

イギリスEU脱退決定!歴史的大暴落!

スポンサードリンク

2016/06/24 日経平均 日足 今日は歴史に残る1日となりました。イギリスの国民投票で離脱派が勝利し、日経は記録的大暴落。前日比-1,286円の14,952円。

寄り付きで日経平均は100円以上あがっていました。なんだろうこの違和感。 VIX短期先物は前日比-32円で始まっていました。ブレグジットの国民投票は48対52くらいで残留優勢と伝えられている。 48対52? そんなの、五分五分といっしょじゃないか。 昨夜のダウが見せた気持ち悪い異様な高騰。 これは、アキュセラの暴落前に似た雰囲気を感じました。

ブレグジットがなくても、ボックス相場の周期でダウは下降に入る頃ではないか? そんなことを思いました。そしてブレグジットはほぼ五分五分だとしたら。これは絶好のVIXの買い時ではないだろうか?そう感じました。指値を入れるとするすると上がっていくVIX。市場に徐々に恐怖が広まり始めたようです。最初の指値を逃したので、修正して二度目で約定しました。暴落の匂いを感じて、手持ちの買いポジションを決済し、さらに日経レバを空売りしました。

10時過ぎて残留優勢が伝えられると、日経は切り返して上がって行きました。VIXと日経レバ空売りは含み損に…失敗したか?と思いました。損失が広がらないうちに損切り撤退すべきか?そんな思いがよぎりましたが、様子をすることに。

10時45分を過ぎると、離脱派の追い上げが伝えられ、再び下落に転じる日経。そして前場が終わりました。11時30分から12時30分までの1時間の間に離脱派優位の報道が広がり、みるみる下げる先物。 VIXは特買、日経レバは特売となりました。

その後、離脱派勝利が確実となるにつれて、株式市場は荒れに荒れました。先物はサーキットブレーカー発動。

監視していた銘柄達はほとんどが見るも無残に下げていました。14時も過ぎると、売り買いも少なくなり、爆撃後の焦土のようになっていました。どの銘柄も傷つき、大きな下落を示しています。ほとんど動きもとまり、ときどき約定を示す点滅があります。瀕死のときの痙攣のようにも思えました。

前回の暴落時は、逃げ切れず被弾しましたが、今回は暴落の匂いを感じわけ、傷が浅いうちに逃げることができ、またVIXを仕込むことができました。

今日のトレードは成功と言えるでしょう。 ですが、先日被ったダメージは深く、資金は大きく減らしたままです。

勝つことよりか、負けないことを考えて、相場にい続けたいと思います。いつか大きく花開くときを期待して。

持ち越し銘柄損益
1552 VIX短期先物 +48,846
1570 日経レバ 【空売】+18,596
4661 OLC【空売】+59,164